SONY製オープン型イヤホン MDR-E838 / E931 / E930 / E741(もちろん絶版)をショートケーブルの"ネックフォン"としてレストアしています。
問い合わせ先:s_takeuchi2003@yahoo.co.jp
※本文に「 」宛である旨明記して下さい(_は半角スペース。でないと届きません)。
基本的には、細かい仕様やら音質やらに言及するつもりはありません。適当に調べて下さい。
・この文書はSONYのカタログではない。
・他と比べてどうかなんて、聴く人次第。製品・個体の差より人間の個人差の方が大きいから無意味。

強いて言えば...

MDR-E838
MDR-E931
MDR-E930
■MDR-E741
E838/E931に比べると、悪く言えばモッサリ、良く言えば聴き疲れしない。
音圧が低く柔らかい印象。こっちの方がバランスがよくて好きだという人もいるかも知れない。
もともと持っていた1本は「Discman ESP D-777」の付属品。CDウォークマンでは最上位機種だったはずなので、
個人的には、E838/E931より格下扱いなのだが、レッキとしたオーディオ製品であり、
そこいらの、携帯電話のオマケやコンビニに売ってる様な安物とは違う。

グリルはただの金網※で、幾何学パターンは無い。
キャップは、グリルを一部塞いでいることと、ユニット背面から穴2つ程度、ヌケを受けているのが特徴。
そのためか、フィルタがダメになってしまうと低音がボワっとする気がする。

またこの"受け部分"のためかE838/E931より若干厚みがあり、個人的にはスワリがよい(人によってはキツく感じるだろう)。
バスレフポート?は空洞で、バスレフ型スピーカーのそれを思わせる。

※これは恐らく後期のロットで、樹脂に変更されている。